敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

ケアを怠ると変わってしまう恐れがある!バランスのとれている普通肌

知っておきたい選択洗浄性

洗顔石鹸を使用する際、自分の肌に合ったものを選ぶということが大切なのは言うまでもありません。自分の肌にぴったりの洗顔石鹸を探すとき、石鹸の「選択洗浄性」というものを知っておくと大変便利です。「選択洗浄性」というのは、ある特定の物質はよく洗い流すけれども、ある物質は洗い流さないで肌に残しておくという性質のことです。

日ごろからのケアが大切

ふつう肌の人は皮脂と角質の水分量のバランスが良く、肌のトラブルを起こしにくい人です。しかし、ケアを怠ると敏感肌(乾燥肌)や脂性肌へと変わってしまうことがあります。そうならないように、普通肌で今は問題のない人も日ごろのケアが大切です。使用するのは、やはり、添加物が色々と含まれている洗顔料より洗顔石鹸のほうが肌にやさしいのでおすすめです。洗顔石鹸は、通常のノーマルタイプの無添加で、油分が少ないものを使用するとよいでしょう。

温かいお湯を使おう

具体的に普通肌の洗顔と肌のケアについてですが、35℃程度の温かいお湯で、洗顔石鹸を泡立てます。そしてその泡で優しく顔を洗っていきます。泡で顔一面を覆い肌をさするようにしながらやさしく洗います。時間的には2、3分かけてゆっくり洗い流してください。洗った後は、水分の吸収力がよく肌に優しい柔らかいフェイスタオルなどで、顔の水分をそっと押さえるようにして取ります。けっして肌にこすり付けるようにして拭かないでください。肌を傷つけトラブルの原因となります。洗顔後は、自分の肌に合った化粧水で水分を補給し、乳液やクリームなどで保湿しておきましょう。

↑「いいね」すると最新情報が届きます

関連記事

乳液こそが保湿のキーアイテム!化粧水付けたままにしてませんか?

敏感肌には3つの種類が!その原因と特徴とは

奇跡のフルーツと呼ばれるアセロラの持つ3つの効果とは?

オーガニックなものが多く殺菌作用が魅力!お茶の洗顔石鹸

開封前と後では違う!しっかり守ろう洗顔石鹸の使用期限

自宅で簡単!エイジングケアセルフチェック

使い過ぎもよくないので頻度も考えて!洗顔石鹸を使う回数は?

ナッツが肌荒れ防止に効果的な3つの理由とは

泡の弾力があきらかに違う!つかってみんしゃいよか石けん

乾燥肌の手入れは洗顔から!洗顔後は化粧水でしっかりケア