敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

老化のサインはメイクで解消!気になるほうれい線ケア

厚塗りは厳禁

老けて見えるほうれい線をメイクでカバーしようと、ファンデーションを厚塗りにしてしまう人がいますが、これは厳禁。ファンデーションを厚塗りにすると、メイク直後には確かにほうれい線は目立たなくなります。しかし、厚塗りのファンデーションによって肌が呼吸できなくなってしまうため、肌質がさらに悪化してしまい、結果としてほうれい線がさらに目立つ肌になってしまいます。また、厚塗りすることでメイクが崩れやすくなるため、夕方には最悪な状態にもなりかねません。

法令線は下地でカバー

メイクでほうれい線をカバーするなら、ファンデーションではなく、その下に塗る下地でカバーするのが理想的。下地を塗る際には、クリームのように伸ばすのではなく、指でトントンと叩きながら毛穴の仲や肌の細かい凹凸の中に下地を入れてあげるような感じでのせていきましょう。肌の凹凸にバランスよく下地がつけば、毛穴から分泌されてくる皮脂や汗なども下地によって吸収されるので、メイクも崩れにくくなり、ほうれい線も一日中目立たなくなります。

ハイライトで目の錯覚を狙うのもアリ

ほうれい線をさらに確実にカバーするためには、しわが気になる部分に肌のトーンよりもワントーン明るいカラーのハイライトを入れる方法もおすすめです。ハイライトは、カバー力のあるスティックタイプがおすすめですね。ハイライトを入れることによって遠くから見てもほうれい線の影が目立たなくなります。

ほうれい線をメイクでカバーする場合には、メイク崩れによってカバーしたはずのほうれい線が現れないように下地の塗り方に工夫すると良いでしょう。

↑「いいね」すると最新情報が届きます

関連記事

新陳代謝を高め肌のくすみを落とす!美白の洗顔石鹸

泡の弾力があきらかに違う!つかってみんしゃいよか石けん

お酢に含まれる驚きの美容効果!

疲労回復や美肌・若返りには欠かせない成分!アミノ酸の重要性

化粧水を選ぶポイント!おすすめの化粧水の選び方

メリットを引き上げていくためにも!洗顔石鹸の効果をより高めるために

肌質に合わせて適切なものを!洗顔石鹸の選び方

敏感肌を治すには徹底したスキンケアが一番の近道

どうやったら元の肌にもどるのか?ニキビ跡がシミになってしまったら

ケアを怠ると変わってしまう恐れがある!バランスのとれている普通肌