敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

敏感肌はやさしく洗う!敏感肌の方が気を付けるべき洗顔のたったひとつのポイント

毎日何気なく行っている洗顔ですが、敏感肌の方は普通の洗顔方法でもお肌を傷つけてしまうことがあります。

そこで今回は敏感肌の方が洗顔の時に気をつけなければならないポイントについて解説します。

刺激を与えないことが一番のポイント

洗顔以外にも言えることですが、敏感肌のケアにおいて最も重要なのは刺激を与えないことです。

普段洗顔する際に、洗顔料をあまり泡立てずに肌をこするように洗顔してはいないでしょうか?

顔のお肌は特にデリケートな部分なので、手でこするだけでもダメージを受けてしまいます。

毎日何気なく行っている洗顔方法でお肌に刺激を与えてしまっている可能性はかなり高いのです。

よく泡立ててお肌に手は触れずに洗うことを意識する

顔を洗う前に洗顔料をよく泡立てることが敏感肌の洗顔においては非常に重要です。

密度の高い濃縮された泡を作ったあと、お肌を触らないようにする意識で泡のみで洗うように心掛けてみてください。

ゆっくりと泡だけでやさしく洗うだけでも十分に汚れや皮脂を落とすことはできます。

また、あまりに長い時間洗うのもNGです。

泡を付けておくだけでお肌がヒリヒリするといった経験はないでしょうか?

それだけお肌は刺激を感じやすいということを覚えておいてください。

お湯の温度はぬるま湯で

熱いお湯も冷たい水もお肌にとっては刺激になります。

理想はぬるま湯で洗顔を行うこと。

ぬるま湯は体温より少し低い32~35度くらいがおすすめです。

最初から最後まで細心の注意を払う

いかがでしたでしょうか?

要は刺激をあたえずに清潔に保つことが敏感肌の洗顔において大切なポイントです。

そして、洗顔後のタオルでの拭き取りにも細心の注意を払ってください。

せっかくやさしく洗顔してもバスタオルでごしごしと拭いてしまえば意味がありません。

タオルの摩擦は人の肌による摩擦よりも強いため、できればこするのではなく軽く押し当てて水分を取り除いていきましょう。

目に見える大きな効果があるような内容ではないですが、毎日続けることで数年後のお肌に確実に結果が現れてきます。

↑「いいね」すると最新情報が届きます

関連記事

乾燥肌の正しいスキンケアで乾燥肌をより早く治す

べたつきとテカリがでてしまう!水分と皮脂が多い脂性肌

敏感肌を治すには徹底したスキンケアが一番の近道

洗顔とは全く別の過程!洗顔石鹸を使う前のクレンジング

日焼け対策は直後が勝負!化粧水より軟膏が良いことも!?

メリットデメリットが混在する!洗顔石鹸を使わなかったらどうなる?

いろんな種類があると思われがち?実はニキビ種類は3種類

どうしても乾燥がひどい時は皮膚科で処方してもらえる保湿剤を

肌の老化の原因を知らないと損をする?知識を知ってエイジングケアに役立てよう

奇跡のフルーツと呼ばれるアセロラの持つ3つの効果とは?