敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

洗うだけじゃダメなんです!洗顔石鹸を使った後のケアも大切

必要な成分も失われてしまう

洗顔石鹸を使った後は、皮脂が洗い流されていますし、必要な水分も失われていることが多いのです。そのため、洗顔後には失われた水分、油分を補うということが必要です。また、特に水分を補うのは「洗顔後、できるだけ早く」ということが大切です。

水分の補給と蒸発の抑制

まず、化粧水で肌に水分を与えることが大切。水分の足りない肌は、つっぱった感じになり、痛みを感じるようになることもあります。小じわができやすく、粉が吹いたような肌になる場合もあり、化粧のノリが悪くなります。また、かゆみ・炎症などが起こることもありますので、水分補給を忘れずに行うことが必要なのです。 また、水分を補給しただけでは、すぐに蒸発してしまいます。そこで美容液や乳液を使って、水分の蒸発を抑えるようにしましょう。水分の蒸発を抑えるための油分として、乳液やクリームなどがあるのですが、乳液はどちらかというと顔全体に使うもの、クリームは乾燥しやすいポイントに使うもの、という風に部位に応じて使い分けましょう。

肌の状態に合わせたケアを

それでも肌トラブルが起こる場合には、洗顔石鹸が肌質・体質に合っているか、その後のケアがきちんとできているかを見直しましょう。油性肌や混合肌の方は、肌の状態や部位によって、乳液やクリームの必要性が変わってきます。また、肌の状態というのは、季節やライフサイクルに応じて変わりますので「同じケアだけをずっと続けて居ればいい」というわけでもありません。こまめにご自身の肌の状態をチェックしましょう。

↑「いいね」すると最新情報が届きます

関連記事

オーガニックなものが多く殺菌作用が魅力!お茶の洗顔石鹸

黒ずみを吸着する働きもあり!炭の洗顔石鹸

肌の状態に合わせて選びましょう!洗顔石鹸の他にもある洗顔料

いろんな種類があると思われがち?実はニキビ種類は3種類

何を摂取すればモテ女子になれるのか?エイジングケアに欠かせない栄養素

意外と手に入りやすい!はちみつの洗顔石鹸

内臓と肌の老化にはこんな密接な関係が!?体の内側からエイジングケア

種類もたくさん存在する!顔を洗うための洗顔石鹸とは

泡の弾力があきらかに違う!つかってみんしゃいよか石けん

どんな食事を食べれば若々しくいれるのか?エイジングケアと食事の関係