敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

どうしても乾燥がひどい時は皮膚科で処方してもらえる保湿剤を

市販の化粧水では乾燥を防ぐことが難しいという経験はありませんか?

誰でもどんな乾燥状態も化粧水ですぐ解決すれば苦労はしないですよね。

乾燥がひどく市販の化粧水ではどうにもならない時は皮膚科に行ってみるのがおすすめです。

よりピンポイントに効き目の高い保湿剤を

皮膚科で処方される保湿剤は市販の化粧水よりも症状に特化していたり、効果がたかいことが多いです。

市販の化粧水はある程度誰が使っても問題ないように調整されているのに対し、皮膚科で処方される保湿剤は今困っている症状に対して処方されるため、効果がピンポイントかつ非常に見込めます。

保険も適応される

市販の化粧水とは違い、皮膚科で処方される保湿剤は「薬」なので保険も適応されます。

つまり、負担が少なくて済むということです。

化粧水を買うことと比べると経済的でもあります。

専門家の意見を聞くこともできる

皮膚科に行くということはその道の専門家にお肌の状態を診てもらうということです。

今まで自分がそうだと思い込んで行っていた対策が間違っていたり等様々な気付きがあることも多いです。

お肌の状態は悪化すればするほどかかる手間もどんどん増えていきますので、時間がある方は一度受診してみてはいかがでしょうか?

 

↑「いいね」すると最新情報が届きます

関連記事

洗い方がニキビを抑える?ニキビと洗顔方法

沖縄産の奇跡の泥など原材料へのこだわり!どろあわわ

無印良品の敏感肌用の化粧水が大人気!

肌の弱い人は考えてみましょう!合成界面活性剤不使用の洗顔石鹸

肌のつっぱりは潤いのない証!保湿性に優れた洗顔石鹸

体の不調がニキビの原因?ニキビに良い栄養素とは

乾燥肌の方必見!冬の天敵、乾いた風と紫外線

敏感肌・乾燥肌の方に!3種のセラミド配合のヒフミド化粧水

20歳を超えると急激に減少!?美容に欠かせないコエンザイムQ10とは

こんな成分を含んでいればとってもエイジング!サプリメントでエイジングケア