敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

気にして使ってみよう!洗顔石鹸の泡立て方

泡はクッションになればOK

洗顔石鹸は、できるだけ泡を沢山作った方が良いと思っていませんか?CMでも、沢山のもこもこの泡で洗っているので、泡を沢山作った方が良いというイメージを作っているのかもしれません。しかし、洗顔石鹸はそれほど泡を立てる必要は、実はないのです。泡は、肌と手の間のクッション代わりになれば良いので、そんなに量は必要ありません。

泡立てネットを活用しよう

洗顔石鹸を自分で泡立てるとなると大変なので、100円ショップなどで売っている、洗顔石鹸を泡立てる専用のネットを使うと、簡単に泡立てることができます。自分の手だけでも念入りに手をこすり作ることはできますが、ネットを使った方が簡単に必要な分だけ泡を作ることができるので、便利です。特に固形の洗顔石鹸はなかなか泡が立たずに苦労している人も多いかと思います。100円で買えてしまうので、便利なものはどんどん活用していきましょう。

手でもちゃんとできる

それでも自分で泡立ててみせるという人は、洗顔フォームであれば、500円玉大くらいを濡れた手の平に置き、水を含ませ、両手を合わせてこすります。少し泡が立ってきたら、また水を含ませ、これを何度も繰り返します。水が多すぎたら、洗顔フォームを足すようにして、微調節していきましょう。これで洗顔石鹸が泡立つと思います。固形石鹸の場合も同様に、水を含ませ何度も石鹸と手をこすり合わせます。ネットを使うより時間はかかりますが、必要な分だけの泡を立たせることはできると思います。皆さんもどちらかの方法で、洗顔石鹸を泡立たせてみましょう。

↑「いいね」すると最新情報が届きます

関連記事

保湿クリームで大人ニキビ対策もバッチリ!

知っていると状態に合わせて選択できる!洗顔石鹸と肌のタイプ

beautiful-931152_1280

敏感肌には敏感肌用化粧水を!刺激の少ない化粧水でしっかり保湿をしよう

敏感肌対策にタンパク質が効果的な理由とは?

自分で作ることもできるのです!手作り洗顔石鹸の作り方

美しい肌は一日にしてならず!たるみとむくみを防ぐエイジングケア

オーガニックなものが多く殺菌作用が魅力!お茶の洗顔石鹸

内臓と肌の老化にはこんな密接な関係が!?体の内側からエイジングケア

乾燥肌の方必見!冬の天敵、乾いた風と紫外線

20歳を超えると急激に減少!?美容に欠かせないコエンザイムQ10とは