敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

肌の弱い人は考えてみましょう!合成界面活性剤不使用の洗顔石鹸

値段は張るが肌のため

合成界面活性剤が肌に悪影響だということを知っていましたか?合成界面活性剤とは、水と油を混ぜ合わせるために使うもので、多くの洗顔石鹸に含まれています。そこで是非選んで頂きたいのが、合成界面活性剤不使用の洗顔石鹸です。ドラッグストアなどで売っている安い洗顔石鹸の多くに合成界面活性剤は含まれているので、インターネットの通販で買うようにしましょう。もちろん値段はドラッグストアで売っている安いものの10倍程はしてしまいますが、肌のスキンケアのためだと思って、少し値が張るものでも買うことをおすすめします。

美肌のための積み重ね

合成界面活性剤不使用の洗顔石鹸は、無添加のものが多いです。無添加のもので、固形石鹸だと肌に優しいので、敏感肌の人などは、無添加の固形石鹸を使うと良いと思います。もちろん敏感肌でない人にも無添加の固形石鹸はおすすめします。合成界面活性剤の入った洗顔石鹸を使っていても良いことは何もありません。成分表を見て、合成界面活性剤が入っているようだったら、今すぐ捨ててしまいましょう。洗顔は毎日の積み重ねになるので、良い成分の入った洗顔石鹸を使うことが美肌になるためには大切になります。

肌の強い人は大丈夫

ただ、合成界面活性剤が入った洗顔石鹸を使っていても何も肌トラブルがない、という肌の強い人はそのまま使い続けても良いかと思います。合成界面活性剤が入った洗顔石鹸を使い続け、将来何かトラブルが起きるのではないか、と心配する人もいるかもしれませんが、そのような報告は現在のところないので大丈夫だと思います。

↑「いいね」すると最新情報が届きます

関連記事

肌荒れの原因は化粧水!?化粧水はお肌に合ったものを

毎日入るからこそ違いが出てくる!お風呂ストレッチでエイジングケア

内臓と肌の老化にはこんな密接な関係が!?体の内側からエイジングケア

触ってしまいやすいあごのニキビはこう治せ!あごニキビができてしまったら

洗顔とは全く別の過程!洗顔石鹸を使う前のクレンジング

種類もたくさん存在する!顔を洗うための洗顔石鹸とは

肌を乾燥から守ることが大切!敏感肌(乾燥肌)

どうしても乾燥がひどい時は皮膚科で処方してもらえる保湿剤を

乾燥肌の方におススメ!保湿クリームがおススメな3つの理由

化粧水を選ぶポイント!おすすめの化粧水の選び方