敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

皮膚に悪そうだけど大丈夫なのだろうか?ニキビと紫外線の関係とは

紫外線もダメ?

ニキビというと、毛穴が詰まることばかりが注目されてしまいますが、実は紫外線を浴びるなど、ごく普通の日常生活の中でもニキビの原因があらゆるところにあふれています。 紫外線を浴びると、メラニン色素が作られてシミの原因となってしまうのは誰もが知っていること。しかし、紫外線による肌へのダメージはそれだけではありません。紫外線を浴びることによって、肌に無数にある毛穴が乾燥して固くなります。そうすると、内側から皮脂や角質が出てこれなくなり、毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。

内部を酸化させるのも原因の一つ

また、紫外線を浴びることで肌の表面が酸化します。紫外線は肌の表面だけではなく、内側の皮脂なども酸化させてしまう威力を持っていますから、肌の内側にすでに詰まっている皮脂や角質などを酸化させ、色素沈着になったり、ニキビを悪化させる原因にもなります。

活性酸素が悪化を促進する

紫外線を浴びることによって肌の内側では皮脂や角質、肌細胞が酸化され、活性酸素も大量に発生してしまいます。そうすると、皮脂分泌がさらに過剰になってニキビができやすくなったり、ニキビが悪化しやすくなってしまいます。 紫外線をシャットアウトすることは、シミができない肌を作るためだけではなく、ニキビができにくい肌、ニキビを悪化させないためにも必要です。日焼け止めがベタベタするからイヤという場合には、サラサラタイプの日焼け止めを使ったり、ファンデーション下地と日焼け止めが一つにまとまっているアイテムを使うなど、工夫してくださいね。

↑「いいね」すると最新情報が届きます

関連記事

収れん化粧水で脂をカット!毛穴の開きや皮脂に収れん化粧水でのケアがおすすめ

何を摂取すればモテ女子になれるのか?エイジングケアに欠かせない栄養素

専門家の意見はやはり貴重!皮膚科の洗顔石鹸

まさか40代になって悩むことになるとは!40代のニキビ対策

乾燥肌の正しいスキンケアで乾燥肌をより早く治す

いつまでもぷるうるお肌でいるために!モテ女子必見のエイジングケアとは?

諦めるのはまだ早い!ニキビ跡(クレーター)を治療する「ある方法」

老化のサインはメイクで解消!気になるほうれい線ケア

どうしても乾燥がひどい時は皮膚科で処方してもらえる保湿剤を

内臓と肌の老化にはこんな密接な関係が!?体の内側からエイジングケア