敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

肌に優しいということならこれ!無添加の洗顔石鹸

少し値段は高いけど

洗顔石鹸に、添加物や化合物が入っているものが多いのはなぜかご存知ですか?理由は、洗顔石鹸に添加物や化合物を混ぜないと、石鹸が酸化されやすいからなのです。野菜を栽培する際に農薬をまくのと同じように、洗顔石鹸にも添加物や化合物は必要不可欠になっています。しかし、研究し、開発され、無添加の洗顔石鹸も存在します。不純物が何も入っていないので、子供からお年寄りまで、安心して使えるのが無添加の洗顔石鹸です。ただ、無添加の洗顔石鹸はドラッグストアなどで売っている安い洗顔石鹸より、少し値段が高いのが、デメリットになります。もう少し安く販売されれば良いのにな、と思います。

合成界面活性剤の悪影響

洗顔石鹸は固形タイプがおすすめです。固形の無添加の洗顔石鹸だったらなお良いです。お肌のためにも優しい洗顔石鹸を使ってあげたいですね。添加物や化合物、また合成界面活性剤は肌にダメージだけしか与えません。泡立ちをよくするため、値段を抑えるため、洗浄力を高めるためなど様々な理由で、こういったものを使用している洗顔石鹸がありますが、肌には良いことは何もありません。添加物や化合物、合成界面活性剤が入った洗顔石鹸で毎日せっせと洗顔しても、肌にダメージを与えているだけなので、注意が必要です。

インターネットで注文

無添加の洗顔石鹸は、ドラッグストアでは売っていないことが多いので、インターネットの通販で注文するようにしましょう。口コミも良いものを選んだ方が良いですね。ただ、使い勝手には個人差があるので、口コミはあくまでも参考程度にした方が良いでしょう。

↑「いいね」すると最新情報が届きます

関連記事

こんな症状に悩んでいませんか?いろいろなニキビ症状

敏感肌にアヤナスRCローションがおススメな3つの理由!

オーガニックシャンプーを徹底分析!驚きの効果とは?

体の中から皮膚に影響がある?ニキビと食生活の密接な関係

気にして使ってみよう!洗顔石鹸の泡立て方

乾燥肌の正しいスキンケアで乾燥肌をより早く治す

脂ぎった肌を一皮はがす感覚!ピーリング効果のある洗顔石鹸

美白効果のある化粧水でシミ・そばかすを改善

20歳を超えると急激に減少!?美容に欠かせないコエンザイムQ10とは

諦めるのはまだ早い!ニキビ跡(クレーター)を治療する「ある方法」