敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

毎日の積み重ねが美肌の入り口!しみ予防の洗顔石鹸

敏感肌でも大丈夫

年をとると増えてくるのが、嫌なしみです。夏の厳しい紫外線やストレスが原因でできてしまうしみですが、しみはエステや医療機関で落としてもらわないと落ちないと思っていませんか?でもしみをセルフケアで落とすことができたら、良いですよね。毎日の洗顔でしみを薄くすることができるとされる、洗顔石鹸が売っているのです。エイジングのものが多いのですが、敏感肌にも大丈夫なようになっているものも売っています。

誰でも簡単にできる泡パック

しみを薄くする方法の一つに、洗顔石鹸で泡パックをする、という方法もあります。洗顔石鹸を十分に泡立てて、顔の上におき、そのまま10分間パックするというもので、誰にでも簡単にすることができます。これだけの方法で、しみが薄くなるのであれば、是非試してみたいですね。しみだけでなく、目の下のくまが薄くなったり、肌自体もワントーン明るくなったという報告もあるので、泡パックは美肌になりたい人にはおすすめになります。

毎日の洗顔が大事

また、ごしごし洗いや汚れをきちんと落とさない洗顔方法だと、余計にしみが濃くなったり、しみができてしまうことがあります。なので、洗顔は十分に泡立てた洗顔石鹸を使い、たまごをなでるような気持ちで優しく洗顔してあげましょう。もちろんすすぎも、できるだけ力を加えず、またきちんと汚れを落とす気持ちできれいにすすいであげましょう。毎日の洗顔からしみ予防、しみを薄くすることができます。毎日の積み重ねが、美肌への第一歩になるのです。

↑「いいね」すると最新情報が届きます

関連記事

ニキビで悩む前にトラブルを防ぐ!洗顔石鹸でニキビ対策

CMで話題沸騰中!アスタリフトローションの魅力に迫る

あなたは知っていましたか?ニキビと睡眠不足の「切れない関係」とは

乾燥肌でお肌がかゆい・・・。乾燥によるかゆみの対策方法

気っても切れない秘密の関係!エイジングケアと洗顔は親密

一度できると治りにくい?首からあごにできる首ニキビを治す「ある方法」

老化のサインはメイクで解消!気になるほうれい線ケア

どうやったら元の肌にもどるのか?ニキビ跡がシミになってしまったら

トリートメントもプチプラで!その効果とは?

油性の汚れを分解してから!クレンジング後に洗顔石鹸を使おう