敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

肌の状態に合わせて選びましょう!洗顔石鹸の他にもある洗顔料

肌にあったものが一番

洗顔石鹸の他にも洗顔料は様々なものがあります。「どれが一番いい!」と一概には言えず、肌のタイプやアレルギーの有無などに合わせて、ご自身に合うものを選ぶことがとっても大事。洗顔石鹸は選択肢の一つなのです。もしも、どの洗顔料が合うのかわからない場合は、旅行に持っていくための小さなサイズの商品を購入して、数日間試しに使ってみるという方法があります。

泡立ちも考えておく

洗顔フォームは、洗顔石鹸のような固形タイプではなく、チューブに入っているフォームを絞り出して、手のひらで泡立てて使うということが多いですね。またジェルタイプのものもあり、これは水分が多めに含まれていることが特徴で、泡立てやすいのです。洗顔石鹸を含めて、どのタイプの洗顔料も、使う前の泡立てがしっかりできていないと、顏につけてからごしごしと擦る必要がでてきます。事前にしっかり泡立ててから、使うようにしましょう。初めから、理想的な状態の泡にして、容器に詰められている泡タイプの洗顔料もあります。泡立てる手間がいらないため便利ですね。

泡立てにもなれがいる

パウダータイプの洗顔料は、水を混ぜることで、きめ細かい泡を作ることができます。パウダータイプは、肌表面の汚れをやさしく洗い上げてくれますので、うまく泡を作ることができれば、非常に優れた洗顔料です。ただし、パウダーと水を混ぜるのに、慣れるまで時間がかかるかもしれません。うまく混ざっていない状態で、無理にごしごしと顔を洗ってしまうと、肌に負担がかかりますので、注意しましょう。

↑「いいね」すると最新情報が届きます

関連記事

皮脂は抑制、ヒアルロン酸の生成は促進!NonA(ノンエー)

乾燥肌の方には最適!日本酒化粧水の驚きの効果とは

肌のつっぱりは潤いのない証!保湿性に優れた洗顔石鹸

効果を引き出していこう!洗顔石鹸の正しい洗い方

乾燥肌の方にはぴったり!極潤ヒアルロン液でしっとりお肌に

目立つニキビを何とかしたい!ニキビをつぶす方法と手順

周期に合わせてモテ女子ケアを!生理周期でエイジングケア

個人差があるので肌のことを考えて!アレルギーの洗顔石鹸

内臓と肌の老化にはこんな密接な関係が!?体の内側からエイジングケア

beautiful-931152_1280

敏感肌には敏感肌用化粧水を!刺激の少ない化粧水でしっかり保湿をしよう