敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

敏感肌・乾燥肌のOLが化粧水・クリーム選びを指南|ビンカンスキン

どうやったら元の肌にもどるのか?ニキビ跡がシミになってしまったら

ニキビ跡をしっかり丁寧に治療することが美肌への一歩

「ニキビができていた場所に、ニキビがなくなった代わりにシミが残ってしまった」なんていうことがあります。これは、ニキビケアをする過程において、ニキビが肌の内側の深い部分で炎症を起こし、色素沈着というニキビ跡として残ってしまったことが考えられます。 ニキビ跡には凹凸のクレータータイプのものもあれば、シミのように茶色っぽい色素沈着タイプもあります。どちらもニキビ跡として残ってしまっている場合には、治療するのに気が遠くなるほどの時間がかかることも多いのですが、毎日の生活やスキンケアに気を付けることで、少しずつでも確実にニキビ跡のシミを解消することにつながります。

ニキビ跡専用のスキンケア商品もある

最近ではニキビ跡のケアに重点を置いたスキンケアブランドなども登場しているようですが、ニキビケアの治療をする際には、ニキビケア用スキンケアもしくは美白ケア用のものがおすすめです。ニキビケア用スキンケアブランドの中には、できているニキビだけではなく、ニキビ跡の治療効果も期待できる優秀なものもあるので、ぜひいろいろなニキビケア用スキンケアを比較検討しながら自分の肌に合うものを見つけてくださいね。

紫外線を浴びやすい外出は控えよう

ニキビ跡のシミは、ニキビが引き起こしたシミといっても、紫外線を浴びて作られるメラニン色素と変わるものではありません。そのため、ニキビ用のシミを悪化させたり広げたりしないためにも、外出の際には日焼け止めをきちんと塗ってから出かけるようにしましょう。化粧下地と日焼け止めが一緒になっているものなら、冬でも忘れずに使用できるので便利ですね。

↑「いいね」すると最新情報が届きます

関連記事

乾燥肌の方にはぴったり!極潤ヒアルロン液でしっとりお肌に

なかなか治らないそのニキビ、原因は敏感肌ではありませんか?

話題のヒフミド化粧水はヒアルロン酸の2倍の保湿力!?

目立つニキビを何とかしたい!ニキビをつぶす方法と手順

種類もたくさん存在する!顔を洗うための洗顔石鹸とは

美白効果のある化粧水でシミ・そばかすを改善

肌の老化の原因を知らないと損をする?知識を知ってエイジングケアに役立てよう

オーガニックなものが多く殺菌作用が魅力!お茶の洗顔石鹸

トリートメントもプチプラで!その効果とは?

消したいニキビ跡は文字通り消せる!ニキビ跡の種類と治療法